テンプレート集

CHIeruユーザの教員・教育関係者の皆さまが、実際に現場で使用されている
ドキュメントやスライドのテンプレートをご紹介しています。
無料でお使いいただけますので、ぜひご活用ください。

ご利用前に、ご利用規約をご確認ください。
ご利用された時点で、本規約にご同意いただいたものとみなします。

検索
  • 第1学年技術科 シラバス

    計画づくり 授業計画
    説明文
    1学年の技術科のシラバスのサンプルです。各科目の最初の授業で児童生徒へ配布し、授業の流れや身につけてほしい力、到達目標を伝え、一年間授業に取り組む姿勢を作りましょう。
    使い方
    評価の観点ごとに①できるようになること(評価規準)、②評価の対象となる題材(評価項目)の欄を入力してください。科目名を変更すれば、他の科目でも利用できます。
    第1学年技術科 シラバス
  • 週案

    計画づくり 授業計画
    説明文
    連絡帳がわりにクラスで共有することで、教師と児童生徒だけでなく、保護者とも1週間の予定が共有できます。また、学校内での時数計算などの共有も兼ねています。
    使い方
    (1)2行目に1週間の日付を入れます。 (2)C,E,G,I,K,M列に、教科を選択します。 (3)D列に、単元ややることを書きこみます。 (4)朝会では、HR以外の場合に選択します。 (5)中休みや昼休み、放課後に予定がある場合は、プルダウンで選択できます。 (5)宿題・持ち物・備考欄は適宜入力ください。 ※各入力セルのプルダウン項目を増やしたい場合は、M~Q列に追加できます。
    週案
  • セルフチェック(朝の会)

    朝の会・帰りの会 セルフチェック
    説明文
    朝のセルフチェック(健康観察)のフォームです。帰りの会のチェックフォームと併せてご利用ください。
    使い方
    セルフチェック(朝の会)
  • セルフチェック(朝の会)

    朝の会・帰りの会 セルフチェック
    説明文
    朝の会や帰りの会で心身の状態を児童生徒自身が確認し記入します。 学年にあわせてチェック項目は追加・編集してご利用ください。 Googleフォームを使うと簡単に集計ができます。
    使い方
    セルフチェック(朝の会)
  • セルフチェック(帰りの会)

    朝の会・帰りの会 セルフチェック
    説明文
    帰りのセルフチェック(健康観察)のフォームです。朝の会のチェックフォームと併せてご利用ください。
    使い方
    セルフチェック(帰りの会)
  • 比較用 背景

    授業 授業共通
    説明文
    Jamboard上で、比較する活動をさせたいとき、写真等を動かないようにしたいときに使います。
    使い方
    (1)スライド上に、比較させたい写真を貼ります。 (2)スライドの画面をスクリーンショットして保存します。 (3)スクリーンショットをジャムボードの「背景」として設定します。
    比較用 背景
  • ルーブリック

    授業 授業共通
    説明文
    Google Classroomでインポートできるルーブリックのフォーマットです。学年や授業内容にあわせて評価基準/規準を編集してご利用ください。
    使い方
    スプレッドシート内の記載をご確認ください。
    ルーブリック
  • プレゼンテーションを見て

    授業 授業共通
    説明文
    プレゼンや発表、講演を聞いて考えたこと感じたことを班ごとに出し合うワークシートです。 共同編集で児童生徒が一斉にシートに書き込むこともできます。授業以外にも委員会や部活動でも活用いただけます。
    使い方
    プレゼンテーションを見て
  • ICT活用実践共有スライド

    授業 授業共通
    説明文
    学校内でICTを活用した実践を共有するスライドです。教科や場面、良かった点、児童生徒が編集したリンク等を貼り付けることで、直接尋ねなくても実践を真似やすい環境を作ります。 <POINT> 実践を共有する際に、児童生徒が編集したファイルのリンクを添付すると便利です。児童生徒がどのような反応をしたのかをイメージしやすくなります。記入量が多く感じた場合は、適宜減らして活用してください。
    使い方
    (1)スライドの枠に沿って書き込みます。 (2)2枚目以降を記入するときは、1枚目のスライドをコピーして使います
    ICT活用実践共有スライド
  • 振り返りシート(標準)

    授業 授業共通
    説明文
    ふりかえりをさせたいときに使います。児童生徒はお互いのふりかえりを見ながら記入できるため、低位の児童も取り組みやすいです。また、シート上に蓄積されるため、ポートフォリオの機能も果たします。 <POINT> シートは、1行ごとに網掛の行を作っています。 操作に不慣れな児童生徒による誤操作(他の児童の書き込みを消してしまう等)を防ぐためです。
    使い方
    (1)「氏名」(B)列に、氏名を書き込ませます。 (2)「ふりかえりの視点①②」(CD)列は、教師がめあてに合わせて記入しておきます。 (3)次の時間のふりかえりシートを作成する場合は、「X月Y日」のシート名を右クリックし、「コピーを作成」します。 (*)教科ごとにふりかえりシートを分けたり、1日のふりかえりとして終学活時に記入させる等して活用します。
    振り返りシート(標準)