よくあるご質問

CHIeru製品をご利用いただいている教員・教育関係者の
皆さまから、多く寄せられているご質問に対して、
回答を掲載しています。ぜひご参照ください。

Chromebookに慣れよう

Chromebook とは何ですか?
ChromebookとはGoogleが開発したChrome OSを掲載したノートPCです。詳しくは、YouTube 【用語解説つき】超初心者向け「本当に初めてのChromebook研修」 https://youtu.be/crnPkJNaaZU もご覧ください。
Windowsとの違いを教えてください。
Windowsとの違いについては、YouTube 【第二弾】超初心者向け「本当に初めてのChromebook研修 その2」https://youtu.be/mTDgXvvVy3Eをご覧ください。
電源が入りません。
バッテリーの充電があるかを確認しましょう。バッテリーの充電がない場合にはACアダプターをつないで充電をします。しばらくして電源ボタンを押してみましょう。(電源ボタンは機種により配置場所が異なります。)
充電がきちんとできない、受電はされているはずなのにそれでも電源が入らないなどの場合には組織管理者経由で各メーカーへお問合せください。
フリーズしたら?
フリーズした場合には強制終了を行います。
リロードキー(キーボードのメディアキー上にある左から4番目の矢印のマーク)(図)を押しながら電源ボタンを押すことで強制終了ができます。
強制終了後、改めてご自分のアカウントでログインしてください。
※電源ボタンの場所はお使いの機種によって異なります。
キーボードではなく手書き入力できますか?
できます。ユーザー補助設定からキーボード設定を変更してください。
①Chromebookの画面右下、時刻の表示部分をタップします。
②「設定」(歯車のアイコン)をタップします。設定変更画面が表示されます。
③左側のメニューで「詳細設定」をクリックし、「ユーザー補助機能」を選択します。
④「ユーザー補助機能の管理」という場所をタップすると様々なメニューが出てきます。
⑤「キーボードとテキスト入力」の項目で「画面キーボードを有効にする」という項目があるので、この場所のボタンをONとします。
⑥Chromebookの画面右下にキーボードアイコンが新しく表示されるのでタップします。
⑦手書き線のアイコンの箇所をクリックすると手書き入力ができるようになります。
※この設定は管理者から一括変更の操作を行うことはできません。個々のChromebookの設定から個別設定を行う必要があります。
家のWi-Fiにつなげるには?
Chromebookの画面右下、時刻の表示部分をタップします。
左上側にネットワークを設定するアイコン(扇形のマーク)が表示されています。
この部分をタップし、接続可能なWi-Fiネットワークを選びます。接続に必要なパスワードを入力し接続完了です。
実際に入っている拡張機能を確認したい
chrome://extensions/ かブラウザ右側パズルマークの「拡張機能を管理」から確認可能です。

Google Classroomから始めよう

Classroomとは何ですか?
Google ClassroomはGoogleが教育機関向けに無償で提供するLMS(学習管理システム)です。
チャットによってクラス内でのコミュニケーションを取る、
クラスの生徒に対して期限付きの課題を配信し、提出された課題を採点した上で返却するなど
教師を支援するツールが提供されています。
Classroom を立ち上げる方法を教えてください。
classroom.google.com にアクセスすることで、ログインできます。
また、Chromeブラウザの画面右上にある9個の点が並んだアイコン(図1)を押して
表示されるメニューから、Classroom(図2)を選択することによって立ち上げることも可能です。
詳しくは以下のClassroomヘルプでご確認ください。
https://support.google.com/edu/classroom/answer/6072460?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja
低学年向けにクラスルームの表示をひらがなにできませんか?
現在のGoogleの仕様ではひらがな表記にすることはできません
まずはじめにすることは? クラスを作成する方法を教えてください。
Google Classroomにログインしたら、画面右上にある+マークを押しましょう。
+マークを押すと、オプションが表示されるので「クラスを作成」を押してください。
クラス名に自分が担当する学級名や科目名を入力し「作成」ボタンを押すだけで
簡単にクラスを作成することができます。
クラスは作成できたけど、生徒はどうやって登録すればいいの?
作成したクラスのページに移動して、上部のタブから「メンバー」を押してください。
すると、今クラスに登録されている教師と生徒が一覧で表示されます。
「生徒」の横側に「生徒を招待」ボタン(図3)があるので押してください。
以下の①②いずれかの方法で生徒を招待することができます。
①表示されたポップアップの上部にある招待リンクを、登録したい生徒に教えてください。
 生徒がリンクを開くと図4のような画面になるので、「クラスに参加」ボタンを押してもらえば
 生徒の登録が完了します。
②招待リンクの下にある入力欄に、生徒の名前もしくはメールアドレスを入力して、
 ポップアップの右下「招待する」を押すと生徒が招待済み状態になります。
 すると、生徒がClassroomにアクセスした際に、図5のようにクラスに「参加」と「辞退」が
 選択できるボタンが表示されるので、「参加」を押してもらえば、登録が完了します。
間違って生徒として登録してしまったら、どうするの?
Classroom に初めてログインするときに間違った役割を選択した場合は、
Google Workspace 管理者に問い合わせて変更を依頼します。
役割を再割り当てできるのはClassroom の管理者のみです。変更はすぐに反映されます。
ストリームってなに?
クラスを作成した際のトップページにあたる部分をストリームと呼びます。
ストリームの役割は教室内の掲示板のような場所です。
ここでは、課題の確認や、情報の共有をしたりと、様々な使い方ができます。
生徒を登録したけど、どう授業するの?
まず、遠隔授業なら、Meetを使用しましょう。
①授業をするには「授業」に行き、「+作成」から「資料」を選択し必要な情報を入力して、
 資料となるファイルを「追加」または「作成」後、「投稿」します。
②その後、ストリームや授業に、その投稿された資料が載っているので、生徒は資料を
 受け取り、授業を受けます。
③授業終わりに振り返りテストや、宿題を生徒に渡すこともできます。「授業」に行き、
 「+作成」から「課題」や「テスト付きの課題」を作成して、生徒達の考えや、
 テストであれば習熟度を測れます。
④課題やテストには作成する際に点数をつけることができます。生徒からファイル提出後に、
 「採点」から、ひとりひとりに点数をつけていきます。「採点」では各生徒の点数が一覧で
 表示され、クラス平均も分かります。
⑤、①~④を繰り返して Classroomを使い授業をしていきましょう!

Google フォームをマスターしよう

Googleフォームを使う利点を教えてください。
業務の効率化につながります。ペーパーレスのため紙を印刷する必要がありません。また回答や採点結果は自動集計されるため後で集計をカウントしたり採点を行う時間や手間が短縮されます。作成したフォームの一部分や全体も簡単に複製ができるので他の先生や学校と共有しながら繰り返し利用することができます。効率化により短縮された業務時間をほかの時間に充てることができるようになります。
共同編集者とはなんですか?
複数のメンバーで一緒にフォームの作成が行えます。

クラウドサービスで共同編集を使いこなそう

クラウドサービスとは何ですか?
クラウドサービスとはインターネット上で利用するサービスのことです。詳しくは、YouTube 【用語解説つき】超初心者向け「本当に初めてのChromebook研修」https://youtu.be/crnPkJNaaZUをご覧ください。
文章を作成する際は、どうすればよいですか?
文章を作成する基本ソフトにはGoogleドキュメントがあります。
Chromeブラウザの画面右上に表示されるアカウントアイコンのすぐ左側にある9つの点が並んだアイコンを押すと様々なアプリアイコンが表示されます。
「ドキュメント」と書いてあるブルーのアイコン(図)をクリックしてGoogleドキュメントをはじめましょう。
他にもスライドやKeep、Jamboard といったアプリでも簡単な文章を作成することができますのでご自身の使いやすいアプリを見つけてみましょう。
文章を共同編集するにはどうすればいいですか?
一緒に編集を行いたい相手に、直接編集権限を与える方法やGoogle Classroomを活用する方法などがあります。
①相手に直接編集権限を与える方法
共有したいドキュメントを開いている状態で、画面右上の「共有」とかかれているボタンをクリックします。
「ユーザーやグループと共有」という表示が出てくるので、共有したい相手のメールアドレス(もしくは名前)を入力します。
メールアドレスを登録したら、アドレスの右側に表示される権限の種類を「編集者」とし、送信ボタンをクリックで完了です。
詳しくはYouTube「ドキュメント② Googleドキュメントで共同編集作業」https://youtu.be/4S_6LF-iBq0 をご覧ください。

②GoogleClassroomを活用する方法
児童生徒に共同編集をさせたい場合に、①の方法よりもGoogle Classroomを活用した方が便利です。
対象クラスの「授業」ページから「+作成」で「課題」や「資料」を選びます。
「課題」からファイルを添付したら「生徒はファイルを編集可能」として配信しましょう。
「資料」からファイルを配付する場合、あらかじめファイルの編集権限を「制限付き」から組織内のメンバーが編集できる権限に変更しておく必要があります。
共同編集はクラス内でしか共有できない?
同じ組織のメンバー(同じドメインを使用している他の学校の教職員方や児童生徒)のどなたとでも共有することが可能です。
必要に応じて、組織以外の人とも共有することができます。
(組織外の人と共有を行う場合は、セキュリティポリシー等ルールを守った運用に特に注意しましょう。)