フラッシュ型教材活用セミナー in 沖縄

活用事例のご紹介

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
会場の「浦添市産業振興センター結の街」

 『第 34 回 フラッシュ型教材活用セミナー』の舞台は、沖縄県浦添市。2012 年7月28 日(土)に浦添市産業振興センターで開催されたセミナーは、沖縄の‘熱い’息吹の中、小学校の先生を中心に、123 人と大勢の教育関係者の方々に参加いただき、大盛り上がりのうちに終了しました。

-「第 34 回フラッシュ型教材活用セミナー in 浦添(沖縄)」ご登壇者-

堀田 龍也 先生(玉川大学教職大学院)
高橋 純 先生(富山大学人間発達科学部)
金 隆子 先生(山形県米沢市立第二中学校)
笠原 晶子 先生(群馬県前橋市立荒牧小学校)
表 克昌 先生(富山県氷見市立明和小学校)
大城 智紀 先生(沖縄県恩納村立山田小学校)
片山 淳一 先生(岡山県総合教育センター)

本セミナーの『趣旨説明』

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
堀田龍也先生による『趣旨説明』

 「全国のセミナーで沖縄が一番盛り上がります!」――6 回目の開催となる沖縄での『フラッシュ型教材活用 セミナー』。堀田龍也先生の冒頭のひと言に参加者も思わず笑顔! これからの期待感がみなぎります。堀田先生 は、「フラッシュ型教材は、体験するほうがわかりやすい」と、さっそく都道府県を題材にしたフラッシュ型教材を提示しました。初めは普通に都道府県名を問い、次に都道府県庁の所在地を問い、都道府県の名物を問うな ど、提示するスライドは同じでも、発問を変えることでいろんな回答を引き出せることを実感。「教材はシンプ ルだけど奥が深い。教師の力量が問われます」という堀田先生の言葉に、参加者もうなずきます。「今日は登壇者が先生、みなさんは子供のつもりで、沖縄の子どものように、テンション高めでいきましょう!」――参加者皆さんの目が生きいきとしてきました。

フラッシュ型教材が続々と!『模擬授業 5 連発』

 ここから、セミナーの流れは、グッとテンポアップ。笠原晶子先生、大城智紀先生、金隆子先生、表克昌先生による、自作のフラッシュ型教材による 5 つの模擬授業が披露されました。

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
笠原晶子先生による「算数」「家庭科」の模擬授業

 笠原先生は、「算数」と「家庭科」の模擬授業を実施。 「算数」の模擬授業では、はじめは位取り表を使い、その後は徐々に表がなくなっていきます。「右から4桁ずつ読むと読みやすいでしょ」と笠原先生。4桁ずつのまとまりに赤い線を入れて、瞬時に、すんなりと読めるよう工夫されていました。最後には、1 億までの数もすらすら読めるようになるから不思議です! 「家庭科」の模擬授業では、「三色野菜の油いため」を手際よく作るための方法を学びます。調理器具を写真と名前とともに、「洗う、切る、いためる、盛りつける」のどの場面で使用するか、リズム良く繰り返し提示することで自然に調理と調理器具の流れが身につきました。

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
大城智紀先生による「社会」の模擬授業

 「ハイサ~イ!!(沖縄の方言で「こんにちは」を表す)」
――地元沖縄県在住の大城先生の登壇です。大城先生の「社会」の模擬授業では、沖縄県北部地域の市区町村名の、独特な漢字と読み方、そして、その位置をテンポを上げたり、ランダムに出題することで楽しく確認していきました。

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
金隆子先生による「国語」の模擬授業

 金先生の、「国語」の模擬授業では、俳句の導入として、陰暦を覚えます。ふりがなのあり/なし、1 文字かくして、目をつむって読むと徐々に難易度を上げていきます。また、陰暦の春夏秋冬の色分けしたカードを、ホワイトボートに貼り付け、今までのフラッシュ画面とは違った掲示物も併用する工夫をされておりました。

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄

 元気いっぱいに登場した表先生による「社会」の模擬授業では、歴史上の人物名と関係の深い出来事を、フラッシュ型教材で覚 えた後、机ごとに先生が人物名/出来事を読み上げ、「かるたとりゲー ム」をすることで、体を使って学習するアクティビティに会場も大盛り 上がりでした。

 

ワークショップ『フラッシュ型教材作成体験』

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
片山淳一先生による『フラッシュ型教材作成体験』

 ここからいよいよ、参加者自身が実際にフラッシュ型教材作りに取り組む「ワークショップ」です。進行は片 山淳一先生。若い先生もベテランの先生も、小学校の先生も中学校の先生もみんな一緒になって、班で協力して、自慢のフラッシュ型教材を作り上げていきます。

 ICT のセミナーなのに、「紙」で教材作りを行うという点がポイント。また、自分だけでは思いつかなかったようなアイディアも、グループでの作成や、他のグループの教材を披露しあうことで多くの発見が得られる点もこ のワークショップの醍醐味です。100 人を超える参加者が、会場内を一斉に移動して、意見交換をする姿は、大 変壮観でもあり、また、あちらこちらで笑いも起こり、和気あいあいの風景が見られました。

解説:『フラッシュ型教材の作成・入手のコツ』

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
高橋純先生による解説
『フラッシュ型教材の作成・入手のコツ』

 フラッシュ型教材をひと通り知っていただいたところで、高橋純先生による『フラッシュ型教材の作成・入手のコツ』に続きます。

 フラッシュ型教材のスライドの枚数・発問方法といった作成時のポイントや、フラッシュ型教材の専用ダウンロードサイト「eTeachers」につい て「13,000 を超えるフラッシュ型教材があります。eTeachers か ら必要な教材をダウンロードして作り替えるのがコツです」と、フラッシュ型教材を初めて活用する先生方へのアドバイスをいただきました。

市販のフラッシュ型教材を使った『じっくり模擬授業 3 実践』

 ここからは、市販のフラッシュ型教材を活用した、3つの模擬授業が続きます。

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
大城智紀先生による
『フラッシュ基礎・基本』の模擬授業

 大城先生は、『フラッシュ基礎・基本』を使用した「算数」の模擬授業。図形の面積や体積の公式を覚えるため、ビンゴカードに、図形の名前を記入し、ペアになって“面・体ビンゴゲーム”が行われました。 単に公式を覚える単調なものでなく、ビンゴのゲーム性を取り入れた楽しい授業でした。

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
金隆子先生による
『フラッシュ漢検』の模擬授業

 続いて、“フラッシュ型教材は教科以外でも使える”ということで金 先生は『フラッシュ漢検』を利用した模擬授業。参加者だけで読む、手をあげて空書きして指で覚える等、発問の仕方によって難易度が変わることの理解、繰り返しても飽きさせない工夫など、実際の授業でも大いに参考になる授業の流れをお伝えいただきました。

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
表克昌先生による
『フラッシュ英語表現』の模擬授業

 最後は、“Hello!”と、レインボーヘアーの表先生が登場。『フラッシュ英語表現』の模擬授業です。“インタビュー・ビンゴゲーム”に会場 は総立ち。先ほどフラッシュで練習した“Can you ~?”という表現をいろいろな人に尋ね周り、中にはビンゴを4つ達成の方も!表先生のオリ ジナリティ溢れる授業に、会場も笑顔に包まれました。

解説:『フラッシュ型教材の活用のポイント』

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
高橋純先生による解説
『フラッシュ型教材の活用のポイント』

 フラッシュ型教材をたっぷり知っていただいたところで、高橋先生より、その特徴を再確認。まず、市販のフラッシュ型教材については、「各学年に、全ての教科が入った『フラッシュ基礎基本』。ネイティブの音 声が入っている『フラッシュ英単語・英語表現』。パウチができるようなイラス トも入っている『フラッシュ食育』といった、自分では作るのが大変なものが凝縮されています」とご紹介いただきました。

 さらに、日常的に活用するには、「朝の会や帰りの会などの隙間時間で毎日活用していくのが大事」と授業に即座に使える有益な情報を話されました。

総括講演『フラッシュ型教材を活用した現実的な ICT 活用』

フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄
 

 セミナーを締めくくるのは堀田先生の総括講演。「フラッシュ型教材は子どものために、できるだけ楽しく知識・技能を定着させるための教材で、この知識・技能は身につけておかなければ一 生困ります」との堀田先生のお話に会場は引き込まれます。

 「ICT を使うからには、子どもたちにしっかりとした力をつけるために使うということを意識してほしい。あくまで子どもたちに力がつくように、ICT を活用してほしいのです」と。

 さらに、念を押すように、「ICT は学力をしっかり身につけさ せるためのツールであり、教師の目指すところは子どもたちの力 をつけることです」と のお話に、参加者は真剣な表情を浮かべていました。

 帰りがけの参加者の方からは、夏休み期間中に教材研究を進め、2 学期 から試してみたいと思います」といった声が多く聞かれ、セミナーは盛況のうちに終了しました。


参加者の感想(アンケートより抜粋)

・ ICT 活用は、正直どうしていいかわからなかったので、良いイメージが持てました。早速、活用してみたい と思います。
・ いろいろな班の意見やフラッシュ型教材の多くの例を見ることができて、勉強になりました。
・ フラッシュ型教材の素晴らしさや模擬授業などをもっと職場にも広めていきたいと思っています。
・ 中学校の教材へも応用できそうで参考になりました。
・ どの講座もとても良かったです。早速活用し、子どもたちと楽しく学習しながら、力をつけられるようにし ていきたいです。ありがとうございました。来年も受けたいです!!
フラッシュ型教材活用セミナーin沖縄

 

 

沖縄の大らかで、とても元気な先生方に、たくさんの笑顔を頂戴しました。 来年もぜひお邪魔させていただきたいと思います!!