初めての方へ

フラッパの紹介

フラッシュ型教材ビューアー

フラッシュ型教材ビューアー「フラッパ」を使うと、PowerPointで作られたフラッシュ型教材を提示する際に、ランダムで表示したり、自動的に次のスライドに切り替えたりすることができます。また、フラッシュ型教材に取り組む時ドキドキ、ワクワク感がさらにアップします。フラッシュ型教材をより便利に使うことができます。

フラッパで出来ること

  1. 提示順序の変更(前から、後ろから、ランダム)
  2. 画面切替の秒数設定(0.5秒、1秒、2秒、カスタム)
  3. スライドショー開始前の演出

フラッパの動作環境

「フラッパ」を利用するには、次のPC環境が必要となります。

PC環境

Microsoft Windows 10 / 8.1 / 7

必要なソフトウェア

Microsoft PowerPoint 2016 / 2013 / 2010

※尚、インストール時にMicrosoft .NET Framework 4.0がインストールされます。

 

フラッパ(フラッシュ型教材ビューアー)の使い方

※「フラッパ」を使うためには、アプリケーションをインストールする必要があります。以下のボタンを押してダウンロードできます。

また、提示したいフラッシュ型教材をあらかじめeTeachers[イーティーチャーズ]の「教材を検索する」から検索・ダウンロードしておきます。

  1. フラッパの起動


    Windowsのスタートボタンから、プログラムの一覧で[フラッパ]をさがしてクリックします。

  2. フラッシュ型教材の一覧


    画面左側のフォルダツリーから、フラッシュ型教材の入っているフォルダを選択します。フォルダ内のPowerPoint形式のファイルを読み取って表示します。

  3. フラッシュ型教材の提示


    [手順2]で表示された一覧から、どれか1つを選んでクリックすると、スライドショーの開始設定が開きます。それぞれ次の設定項目があります。

    [表示順]スライドショーを表示する順番を選びます。
    先頭から、末尾、ランダムのいずれかが選べます。

    [切替のタイミング]スライドを切り替える方法を選びます。[手動]を選ぶと、クリックするまで次のスライドに進みません。秒数を選択すると、設定した秒数で自動的にスライドが切り替わります。
    手動、0.5秒、1秒、2秒、カスタム

    [演出]スライドショーを開始する前に、カウントダウンを表示します。演出は4種類あり、指定もしくはランダムで提示できます。また、演出を使わないこともできます。

    [開始]ボタンを押すと、スライドショーが開始されます。

    [保存]ボタンを押すと、設定した情報を保存して、次回のスライドショーにも同じ設定を使うようにします。

  4. 設定について


    画面右上の歯車アイコンをクリックすると、設定画面を表示します。それぞれ次の設定項目があります。

    [ドラッグ&ドロップの動作] 「フラッパ」の画面上に、PowerPoint形式のファイルをドラッグ&ドロップすることで、選択しているフォルダ上にPowerPointファイルをコピーできます(標準設定)。また、[コピーした上でスライドショーの設定画面を開く]を選ぶことで、コピーした後にスライドショーを開始します。eTeachersからダウンロードしたフラッシュ型教材をすぐに使いたい場合などに便利です。

    [スライドショーの設定] スライドショーを開始するときに、設定(表示順、切替時間、演出)画面を表示するかどうかを設定します。標準では[毎回する]になっています。「いつも同じ設定を使いたい」「毎回画面が出てくるのはわずらわしい」場合は、[毎回しない]を選びます。